Original

プレスリリースの効果と隠れたメリットとは

プレスリリースって一体何?どんな効果があるの?
新聞、テレビ、雑誌、インターネットなど、様々なメディアで毎日多くのニュースが伝えられています。そして、ニュースになるために積極的にメディアに働きかける企業や団体が増えてきています。
メディアに情報を伝えるための基本が「プレスリリース」。
今回、プレスリリースを介した広報・PR活動を行うことでどのような効果があるのか、どのようなメリットを得られるのかをご紹介します。

目次

プレスリリースは広告と何が違うの?

新聞もテレビも雑誌もニュースサイトも、殆どのメディアは「記事」「広告」の2種類の情報で構成されています。
例えば新聞を見てみると、上部に「記事」下部に「広告」が掲載されています。企業がメディア経由で情報を発信したい場合は「広告枠」を買うことが一般的なイメージかと思います。
でも、実は記事枠への情報掲載を働きかけることもできるのです。そして、そのための手法が「プレスリリース」になります。

プレスリリースと広告の違い


広告は確実にメディアに掲載されます。予算に合わせて情報発信量を決めたり、情報配信のタイミングを決めたりと、情報配信を自分でコントロールできるのが広告の良いところ。
一方、広告は読者から「広告主の主観的な情報」として捉えられるので情報の信頼性が低く見られることがあるのがデメリット。

プレスリリースがきっかけで記事になった場合。プレスリリースをメディアに送る費用は、すべて自分でやることができれば「0円」。しかしながらそのプレスリリースがニュースになるかどうかはメディア次第。そもそも掲載されるかどうかはわかりませんし、仮に掲載されたとしてもプレスリリース配信者が望まない内容の記事になる可能性もあります。そのかわり、情報発信者は第三者となりますので、読者から信頼性の高い情報と捉えられます。

広告もプレスリリースも、企業とメディアが情報を介した関係になりますが。
メディア側から見ると

  • 広告枠に情報掲載したい人は「広告主」
  • 記事枠に情報掲載したい人は「情報提供者」

ということになり、どの関わり方でも、メディアの運営を維持し、メディアの付加価値を高めるために重要な役割を担っているといえます。


プレスリリースの効果とは

プレスリリースの効果1 第三者が語ることによる、圧倒的な信用構築

新聞紙

広告枠は「広告主の意向」を反映した情報が掲載されます。一方、記事枠は「メディアの意向」が反映された情報が掲載されます。
記事は全て「読者にとって価値があるかどうか」が判断基準。掲載する情報の選別、記事の構成、読者に伝えるニュアンスは、全てメディアの記者が判断します。
読者と構築した信頼関係はメディアの生命線。記者は信頼関係を壊すような情報を流すことはできません。読者はそれを理解しているので、記事枠の情報を「信用に値する」と判断するのです。
一方、広告はお墨付きのない情報なので簡単に信用構築に結びつきません。

プレスリリースの効果2 当たったときのコストパフォーマンスが高い

記事を読んでいるのは読者だけではありません。記者は他社メディアの記事にも注目しています。
記者は他社メディアに掲載されたニュースを見て、自社メディアの読者にもニュース価値が有ると判断した場合に同じニュースの掲載を行います。
更にその記事を見た他の記者が掲載する・・といったように、ニュース性が高い話題は連鎖反応的に記事掲載がされていくということがあります。

例えばインターネット上で非常に影響力のある「Yahoo!ニュース」にニュースが掲載されるまでには、このような掲載の連鎖が起こります。

地域ウェブメディアに掲載
業界大手のウェブメディアに掲載
Yahoo!ニュースに掲載


掲載の連鎖が起こるたびに、読者数の多いメディアに掲載されていることが想像できるかと思います。

※余談ですが「Yahoo!ニュース」はニュースの転載メディアなので、仮にYahoo社にプレスリリースを送っても「Yahoo!ニュース」の記事になることはありません。

他にも、

マーケティング系業界新聞に掲載
ビジネス系テレビ番組放送

といったパターンもあります。
※テレビは裏が取れない情報は絶対放送しませんので、新聞などで掲載され信用が担保された情報を取り扱う傾向があります。
※また余談ですが「とあるビジネス系テレビ番組は数種類の専門誌をメインの情報源としている」という情報が一部の広報担当者の間で知られており、TV番組で取り上げられるためにピンポイントで専門誌を攻略する、といったことが行われています。

広告は一度掲載して終わりですが、プレスリリースを介したニュースはどんどん拡散していくこともあります。
ニュースになったメディアの掲載面を、仮に広告として購入するとしたら数百万円〜数千万円かかるかもしれません、そのような露出を、ほぼコストをかけずに行える可能性がプレスリリースにはあるのです。

プレスリリースの効果3 ブランド認知による多くの副次的効果

ブランディング

特定のテーマに沿ったプレスリリースを出し続けると、いずれ頻繁にニュース記事化されるようになります。
それは、プレスリリース配信者(企業)と記者の間の信用構築が進むからです。
記者が「この企業は●●領域の第一人者だ」と認識するようになると、他社が同じようなテーマのプレスリリースを送ってきても、信用のある企業のプレスリリースを採用して記事を書くようになります。

頻繁にニュース記事化されるようになると、読者と企業の信頼関係も構築され、企業名やサービス名、企業のスタンスなどが広く認知されていきます。
結果として、プレスリリース配信は企業のブランド構築に貢献します。

獲得した「信用」は、価格や機能以外の競争優位性となるので、営業・販売がしやすくなりますし、競合よりも高い値段をつけることができるようになるかもしれません。

また、広くサービス名や商品特徴の認知が進むと、余計な説明がいらなくなるので営業・販売の効率化につながります。

さらに「●●領域の第一人者」と認識されていると、その領域に興味のある方をひきつけ、人材採用面で有利になります。

ニュースを見た方が、自分の想定と全く異なる領域で「サービスを活用させて欲しい」と連絡があるかもしれません。新たな販路発見に繋がります。

大手企業から提携をしたいと申し入れが出てくることもあります。以前訪問して門前払いだったあの大手企業から「話を聞かせて欲しい」「一緒に事業をやりたいと、直接連絡が来るようになるでしょう。

仮にプレスリリースがニュースとして掲載されなくても、記者はプレスリリース配信者を「●●領域の専門家」として認識するようになります。記者はその領域のニュース記事を書く時に「専門家としての意見が聞きたい」と、プレスリリース配信者に連絡をするようになるでしょう。
記者からの信頼を得ることにより、最終的に新聞で連載記事を持つに至った方もいます。

このように、プレスリリース配信は広告の枠に留まらない大きな効果が期待できるのです。

では、プレスリリースを配信することで誰もがこの効果を享受できるのでしょうか?

プレスリリースの効果を得るために必要な「メディアとの信頼関係構築」

partnership

「面白くて話題性があるプレスリリースを配信すれば、あちこちでニュースになる」とお考えの方は多いと思います。
確かにニュースは「ネタが大事」であり、記者も「誰より先に世の中にインパクトを与えるニュースを伝えたい」と考えています。一方で記者は「ニュースの信頼性」を非常に重要視しています。

プレスリリース配信者、すなわち「情報提供者」としてメディアや記者とかかわる時、配信者はまず「信頼できる情報提供者である」という証明を行わなければなりません。

そのために、例えば以下のようなことを意識していきます。

記者が必要とするフォーマットで情報を出す

記者は毎日に大量のニュースの中からピックアップして記事を作成します。彼らが瞬時にニュースの内容がわかるようなフォーマットでプレスリリースを届けなければなりません。ニュースの凄さを伝えたいがあまり、余計な装飾表現を盛り込んだプレスリリースを配信しがちですが、それは避け、記者が記事を書くと判断するのに必要な全ての情報が簡潔にまとめられたプレスリリースを配信するようにします。

メディアが必要とする情報を出す

メディアごとに取り扱うテーマや、対象読者層が異なります。メディアが必要としない情報を送ることは、記者の業務を妨害するに等しい行為となります。これを続けると、企業名だけでニュースのピックアップ対象から外れてしまうようになるでしょう。
逆に、メディアが必要とされる情報を定期的に送り続けることで、優先的にその企業のプレスリリースをピックアップしてくれるようにもなります。

覚えてもらうために出し続ける

テーマをぶらさずにプレスリリースを出し続けることで、記者は
「この会社はこのテーマの専門家だな」
「メディアとの関係性を構築しようとしているきちんとした会社だな」
と判断するようになります。そのうち、企業名が目についた時点で優先的にプレスリリースを読んでもらえるようになるでしょう。

問い合わせがあった記者とは是非会って関係を強化しよう

プレスリリース配信を行うと、記者から問い合わせが入ることがあります。
問い合わせがあった記者とは是非合う機会をもうけていきましょう。
記者の連絡先を聞き、面談をお願いするという方法以外にも、セミナーやイベントを開催して、取材依頼のご案内を送るのも良いでしょう。
他にも、社外の人と飲み会を行う場合には「業界の識者で集まるプライベートな飲み会をやるので来ませんか?」といったお誘いをするのも一つの方法です。

おわりに

プレスリリースは確実に掲載されるわけではなく、効果が出るまで時間がかかる場合もあります。にもかかわらず、今や広報・PRは大手企業だけではなく、中小企業、ベンチャー企業でも積極的に行っております。業績が低迷していた老舗企業が広報・PR活動の本格化をきっかけに、新たなブランディング機会を得て大きく飛躍したという事例もあります。

プレスリリースは広告とは似て非なるもの。「メディアと一緒にニュースを作るパートナー」という意識で取り組むことで、プレスリリースの効果を最大限に享受することができるのではないでしょうか。

@Press(アットプレス)は既に多くのメディアと信頼関係を構築しています。

  • 今から広報・PR活動を始めたい
  • 広報・PR活動を行っているがなかなか結果が出ない

という方は、きっと力になれると思います。是非お気軽にご相談ください。


このようなことでお困りではありませんか?

このようなことでお困りでしたら、お気軽に@Press(アットプレス)へご相談ください

・ニュースになるようなネタの作り方がわからない
・周りにPRに詳しい人がいない
・プレスリリースの費用対効果があるのか不安
・どのメディアにアプローチすればよいのかわからない
・プレスリリース配信までの時間がない
・プレスリリースを計画的に配信したいが、人手と時間が足りない
・自分たちでプレスリリースにチャレンジしたが、なかなか掲載されない
・記者と繋がりがない。プレスリリースの送り先がわからない