Original

プレスリリース配信サービスを使う2つの大きな理由とは

目次


プレスリリース配信サービスって?

プレスリリースは誰でも作成ができますし、多くのメディアはプレスリリースの受取窓口を公開しています。
でも、広報・PR活動を積極的に行っている企業の多くは、なぜ外部のプレスリリース配信サービスを活用しているのでしょうか。

そこには大きく2つの理由があります。

1つ目は「手間が大きく削減される」ということ。
プレスリリースは「作成して、メディアに送る」シンプルな業務。しかしこの中に多くのやるべきことがひそんでいます。
プレスリリース配信サービスは、その多くのやるべきことを効率化できるのです。

2つ目は「プレスリリース配信サービス経由の方がメディアに掲載されやすい」という理由が挙げられます。
プレスリリース配信サービスは多くのノウハウ、ネットワーク、メディア(記者)からの信用を持っています。
これらの要素が相まって、例えば無名の企業が独自でプレスリリースを配信するよりもメディアに掲載されやすくなるのです。

それでは、プレスリリース配信サービスが何を提供しているのか、具体的に見てみましょう。


プレスリリース配信サービスができること

・企画サポート

広報・PRの成功でもっとも重要なことは「企画力」。メディア掲載がうまい企業の広報・PR担当者は、明確な目的を設定しどのメディアにどの切り口の情報を伝えるべきかを研究しています。
例えば新製品の発表一つをとっても、対象は男性とするか女性とするか、年齢層はどのあたりかなど、伝える先に応じて製品を伝える切り口を変えていくことも必要になります。
また、広報・PRは一度で終わるわけではなく、継続的に切り口を作りメディアに伝えていかなければなりません。

どのようなメディアがあり、それぞれのメディアはどのような情報を求めているのか。新製品の広報・PRをどのようなストーリーで、どのようなタイミングで伝えていけばよいのか。
多くの広報・PR担当者は細かな知見があるわけではありません。

プレスリリース配信サービスの中には、数多くのプレスリリース配信を行ってきたノウハウを活かし、企画やプレスリリース配信計画に至るまでのサポートまで行うところもあります。

・原稿作成サポート

プレスリリース原稿にはメディアが求めるフォーマットがあり、多くのプレスリリース配信サービスでは、配信内容にあわせた「プレスリリーステンプレート(雛形)」を用意しています。
プレスリリース配信サービスを使うとこのテンプレート(雛形)を活用してプレスリリース原稿が作成できるので、作成の負担を大幅に削減することが可能です。
プレスリリースのテンプレート(雛形)は例えば次のようなものがあります。


  • Webサイト開設
  • 新サービス発表
  • 予約受付開始
  • 新店舗オープン
  • セミナー開催
  • 業務提携
  • 目標達成
  • 案件受注


また、プレスリリース配信サービスの中には、配信者にヒアリングを行いプレスリリース原稿の作成自体をサポートするところもあります。
原稿作成サービスを使うと、どのように作成すべきかわからない、または作成したものの内容に不安がある、という状況プレスリリースが出せるようになります。
プレスリリース原稿作成の勘所を掴みつつ、最終的には自分で作成できるようになるというステップアップの手段としても活用できます。

・原稿校正サポート

メディアが必要としているのは「事実が書かれた信頼性のあるプレスリリース」。そして、「記事を作る際に必要な情報が全て記載されたプレスリリース」です。
しかし、多くのプレスリリースが「誤字・脱字が多い」「広告的である(誇大表現が多い)」といった状況です。

広報・PR担当者が一人でプレスリリース作成や配信を行っている場合、誤字・脱字のチェックもなかなか大変なのではないでしょうか。
ましてや
「この表現は広告的なの?」
「必要情報は記載しているつもりだけど、本当にこれで大丈夫なの?」
といった不安はどうしても拭えないのではないかと思います。

原稿校正を行うかどうかは、メディア掲載率にとても影響を与える部分です。校正が行われていないプレスリリース原稿は「情報の信頼性が無い」と判断されます。さらにこのようなプレスリリースを配信し続けると、記者は企業名を見ただけで掲載検討を行わないという状況も起こりかねません。

プレスリリース配信サービスが提供する原稿校正は原稿の品質を一定以上に高め、さらに記者が記事にしやすい状態にすることで、高い掲載率を実現していきますので、配信サービスを利用する大きなメリットの一つだといえます。

・メディアリスト&メディア選定

広報・PR担当者が自分でメディアにプレスリリースを送る場合、配信窓口の調査だけでも一苦労。
「過去に送ったメディアの窓口が変わってしまった」などリスト管理は非常に面倒な部分があります。
また、自社で管理できるメディアリストは数十件から100件程度が限界なのではないでしょうか。

プレスリリース配信サービスは数千以上のメディアリストをもち、またそのリストは最新に更新されています。
そのリストの中には「有名ではないけれども業界の影響力が大きい」といった隠れメディアも含まれています。

プレスリリース配信サービスを使うと、プレスリリース内容に最適なメディアを選択して配信を行うことができます。
※これを「メディア選定」と呼びます。
「前回は女性向けのプレスリリースだったので女性向けメディアに配信したけど、今回は事業提携のプレスリリースになるから経済誌中心にプレスリリースを配信したい」といった柔軟なプレスリリース配信が可能になります。

この「メディア選定」はが非常に重要な作業となります。
「数千のメディアリストがあるなら、なぜ全てのメディアにプレスリリースを出さないの?」という疑問が出てきませんか?
実はこれが最もやってはいけないことのひとつ。

例えば女性ファッション誌に、法人向けサービスのプレスリリースを送り続けたらどうなるでしょうか。
女性ファッション誌の記者は
「この企業から送られるプレスリリースは読まないようにしよう」
「このプレスリリース配信サービスから送られるプレスリリースは読まないようにしよう」
となってしまうでしょう。

メディアが嫌うプレスリリース配信

一部のプレスリリース配信サービスは、プレスリリースの内容を把握し、最もマッチしたメディアを選定するサポートを行っています。

メディアはプレスリリース配信事業者に「メディアの内容に関連するプレスリリース情報を送ってください」とリクエストを出しています。
このリクエストに応じて、適切なメディアを選定してプレスリリースを配信することにより、メディアとプレスリリース配信サービスは信頼関係を構築しているので、直接プレスリリースをメディアに出すよりも掲載確率が向上してくのです。

・配信

なんとかプレスリリース原稿ができ、配信先メディアのリストもできた。次はいよいよプレスリリースをメディアにお届けする「配信」の段取りになります。
実はメディアが希望するプレスリリースの受取方法はこのようになっています。

プレスリリースの受取方法。FAXが大半。

こちらのグラフの通り、FAXでのプレスリリース受信を希望するメディアはいまだ6割を超えています。
※特に新聞や雑誌、TVなど古くからあるメディアでは業務でまだまだ紙を中心とした運用が主流です。例えば、とある新聞社ではFAX原稿を記者間で回し読みし、興味を持った記者がそのFAX原稿にメモを書き込みながら記事を書く、という流れで業務を進めています。紙で送られるプレスリリースが業務に組み込まれているわけです。

メディアリストへのプレスリリース配信は、メールはさておき、FAXでの配信段取りを考えると相当な工数とコストがかかるのではないでしょうか。
もちろん、メールでの配信だけでもWeb系のメディアには届きます。しかしFAXで配信を行わない場合は国内で影響力の高い新聞・雑誌等の掲載可能性が減少しかねません。

プレスリリース配信サービスの多くはFAXでの配信体制を整えており、一部の事業者ではFAX配信を標準で提供しています。
この工数とコストの削減もプレスリリース配信サービスを使うメリットでしょう。

・自社メディア・提携メディアへの掲載

プレスリリース配信サービスの多くは、プレスリリースを掲載するためのWebメディアを持っており、多くの方がそのメディアを訪れています。
また、プレスリリース配信サービスは大手新聞社や有名Webメディアと提携し、配信したプレスリリースを確実に掲載させることができます。

これらのメディアは記者だけでなく、ブロガーなどの「インフルエンサー」の一次情報源としても活用されています。
自社メディア・提携メディア訪問者への認知はもちろん、検索エンジンからリリース情報へたどり着きやすくなるので、プレスリリースの全体的な露出数をアップさせることができます。

・掲載調査(効果測定)

配信されたプレスリリースが「どのメディアで取り上げられたか」を調べることは非常に重要です。

例えば「とある業界で有名な女性が初めて本を出版する」という内容のプレスリリースが、実際にメディアに掲載されたときには「その本の目次の印象的なフレーズ」が記事のタイトルになるということがありました。(結果として、メディアが作成した方のニュースの切り口がヒットし、あちこちのメディアに取り上げられるという状況になりました。)

プレスリリース作成者は「とある業界で有名な女性」がニュース価値があると思ったにも関わらず、記者は「その女性のネームバリューよりも読者には本の内容が刺さる」と判断したということが見て取れます。

このように、プレスリリース配信側とメディア記者側では、プレスリリースに含まれる「ニュース性」についての認識の違いが発生することが多々あります。
今回の掲載調査を踏まえ、プレスリリース作成者は、次回は「読者に刺さる印象的なフレーズを中心とした広報・PR企画を作成すると、スムーズにメディアに取り上げられるかもしれない」という示唆を得ることができました。

このように広報・PRのPDCAサイクルを回していくためにも、プレスリリースの掲載状況を調査することは非常に重要です。

プレスリリース配信サービスの中には、このような掲載調査を提供しているものもあります。

しかし、膨大にあるwebメディア、紙媒体の掲載状況を追いかけるのは非常に大変です。より良いプレスリリースを作成するためにも、プレスリリースを配信した結果を正確に社内で共有するためにも、掲載調査は重要なサービスであるといえます。


プレスリリース配信サービスで得られるこんなメリット

プレスリリース配信サービスは、初心者から一人広報担当者、大手企業の広報部まで様々な状況の方が活用しています。
それぞれ、どのようなメリットがあるのでしょうか。


・プレスリリース初心者には
 何もわからない状態でも色々とサポートが受けられる
 わからないところの相談相手となってもらえる
 自分一人で学習するより、早く結果にたどり着ける

・一人広報担当者には
 多くの面倒な業務の効率化が図れる
 配信サービスが持つ多くのノウハウを活用できる
 わからないところの相談相手となれる

・大手企業の広報部には
 多くの面倒な業務の効率化が図れる
 広報・PRのPDCAサイクルを回す助けとなる
 広報・PRの企画に集中できる環境構築の助けとなる



まとめ

いかがでしたでしょうか。プレスリリースの配信は思いのほか考慮しなければならない部分が多かったかと思います。
全ての環境、ノウハウを自社で揃えていくのはとても大変で時間がかかります。
プレスリリース配信サービスは、早く、コストを抑え、継続的にプレスリリースの結果を出すための助けとなっていると言えるでしょう。

多くのプレスリリース配信サービスは無料相談の窓口を設けているので、興味が出た方は気軽に問い合わせをしてみては?

このようなことでお困りではありませんか?

このようなことでお困りでしたら、お気軽に@Press(アットプレス)へご相談ください

・ニュースになるようなネタの作り方がわからない
・周りにPRに詳しい人がいない
・プレスリリースの費用対効果があるのか不安
・どのメディアにアプローチすればよいのかわからない
・プレスリリース配信までの時間がない
・プレスリリースを計画的に配信したいが、人手と時間が足りない
・自分たちでプレスリリースにチャレンジしたが、なかなか掲載されない
・記者と繋がりがない。プレスリリースの送り先がわからない