Original

4月〜5月の人気プレスリリースをご紹介

4月中旬〜5月中旬に配信されたプレスリリースのうち、人気が高く特徴的なプレスリリースをご紹介します。
なぜ人気プレスリリースになったのかの要因は様々。でもそれぞれで納得の理由があります。あなたの作成するプレスリリースはどのパターン? 

『ヲタクに恋は難しい』 新宿メトロスーパープレミアムセットにて展示会を開催!!

『ヲタクに恋は難しい』 新宿メトロスーパープレミアムセットにて展示会を開催!!

人気漫画「ヲタクに恋は難しい」アニメ化のタイミングでのイベントプレスリリース。まさに旬の話題ですね。
この「ヲタクに恋は難しい」を調べると、コンテンツが世の中に認知される新しい流れができていることがわかります。

2014年にpixivへの投稿が開始され[4]、同サイトで発表されているオリジナル漫画の中で歴代1位のブックマーク数を記録した[1]。その後もpixivで連載が続けられていたが[5]、2015年11月にpixivと一迅社が共同でウェブコミック配信サイト「comic POOL」を立ち上げてからは、comic POOLで連載が行われている[6]。また、2015年4月に一迅社から書籍化されており[1]、以降も一迅社からコミックスが続刊されている。

書籍化以前から、オタク趣味を持つ女性たちから広く共感を得ており、2014年に創設された次にくるマンガ大賞では「本にして欲しいWebマンガ部門」の1位になった[7]。書籍化が実現した2015年には、『このマンガがすごい!』でオンナ編の1位に輝いている


Wikipedia「ヲタクに恋は難しい」より引用

このプレスリリースはtwitterでのシェアも非常に多く、多くのコアなファンに支えられているコンテンツだなということがわかります。
今や「生まれた時点からファンと一緒に成長して、そのままメジャーなコンテンツになる」ということが当たり前のように起こっています。
すでにSNS上のコミュニティが既存のメディア並みの影響力を持ち始めていると言えるのではないでしょうか。


オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを 国内最安値となる59,800円(税込)で新発売。

オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを 国内最安値となる59,800円(税込)で新発売


デジタルガジェット系のニュースは、特にウェブメディアとの相性がよく、記事化されやすい傾向があります。
しかしながら人気記事になるかどうかというところでいうとプラスアルファの要因が必要です。

「今話題の4K液晶テレビ」
と思われるかもしれませんが、実は「4K液晶テレビ」「4Kテレビ」自体の話題性はここ1年横ばいの状況です。
そのような中、2017年にドン・キホーテが発売した「激安4Kテレビ」をきっかけに「4Kテレビ、なのに安い!」に消費者の興味が移行しています。
こちらのプレスリリースはこの文脈に乗っていることと、「格安4K」というキャッチーな言葉をタイトルにした記事がメディアから生まれたことも、話題になった要因かと推測されます。
こちらのプレスリリースは検索経由の閲覧数が非常に多いため、メディア記事で認識された方が詳細情報を知りたくなるという状況が起こっていることが推測されます。
今後「格安4K」という言葉の話題性が上がってくるかもしれません。


伝説のギャグ漫画「マカロニほうれん荘展」初開催!

伝説のギャグ漫画「マカロニほうれん荘展」初開催!




40代中盤以降の方はご存知の伝説的ギャグ漫画「マカロニほうれん荘」のイベント。プレスリリースが配信された直後に記事閲覧数が増えたあと、一旦落ち着き、ゴールデンウィーク直後から記事閲覧数がぎゅぎゅっと伸びる状況が起こっています。

これは、実際に「マカロニほうれん荘展」に行かれた方が、「これはすごい」となり、それがSNSなどでシェアされ、まとめられ、それがさらにニュースになり、、、という認知拡大の循環が起こっているためです。

参考:「マカロニほうれん荘」原画展が超・大盛況。「修整の跡がない…」と驚く声も。あの作品のすごさってどこだろう?

面白い体験や驚きの体験は「シェア」に繋がります。そういった意味でプレスリリースとイベント、SNSは相性が非常に良いですね。


まるでラプンツェルの世界!80灯のキャンドルが宙に浮く 幻想的なイベント『吉祥寺 キャンドルナイト 2018』がスタート☆

まるでラプンツェルの世界!80灯のキャンドルが宙に浮く 幻想的なイベント『吉祥寺 キャンドルナイト 2018』がスタート☆

これはまさに「絵になる」プレスリリース事例ですね。写真のインパクトがあり、メディアも記事にしたくなる内容です。
実際、大手のモバイルメディアに記事として取り上げられ、記事閲覧数が伸びています。
このニュースを閲覧した人は、実際に来店された後に「Instagram」で画像を投稿されるのではないでしょうか。
記事内の「ほろ酔い 炎のパンケーキ」という表現も秀逸。イメージが湧きつつも「一体どんなパンケーキ?」と気になってしまうかと思います。
そのパンケーキ、プレスリリース内の動画で紹介されていますがまさにこれは動画でなければ伝わらない内容。効果的に動画を活用している事例です。


まとめ


いかがでしたでしょうか。人気の高いプレスリリースに共通するのは、「最終的にニュースを届けたい方(読者)が、ニュースをシェアしている」ということです。
これまでのニュース拡散は

「小規模メディア→大規模メディア」

という流れで起こっていましたが、

「SNS拡散→小規模メディア→SNS拡散→大規模メディア」

という流れが多く見受けられるようになってきています。

プレスリリース作成時には「どんな人達にどういうメッセージを届けたら、その人達の話題になるか」をこれまで以上に意識する必要がありそうです。

このようなことでお困りではありませんか?

このようなことでお困りでしたら、お気軽に@Press(アットプレス)へご相談ください

・ニュースになるようなネタの作り方がわからない
・周りにPRに詳しい人がいない
・プレスリリースの費用対効果があるのか不安
・どのメディアにアプローチすればよいのかわからない
・プレスリリース配信までの時間がない
・プレスリリースを計画的に配信したいが、人手と時間が足りない
・自分たちでプレスリリースにチャレンジしたが、なかなか掲載されない
・記者と繋がりがない。プレスリリースの送り先がわからない